風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

卒業式にいつもはやんちゃな子がクラスのみんなを泣かせてしまった一言。学校生活、後悔ない日々を送って欲しい

『こんにちは!!
2児の子持ち中年主婦のおすずです。』

 

今週のお題「〇〇からの卒業」

f:id:snow20071015:20210312213857j:plain

卒業 旅立ち 別れ そして新たな道

 

今回のお話は、

 

私が高校生のときに

ある友達が卒業式の日に言った

クラスみんなを

 

泣かせた一言を紹介します。

 

高校生活最後に感動の一言

 

です。

 

 

 私の高校は、県内でもあまりできないほうの学校でした。

 

その頃はまだ“ヤンキー“”なんて言葉がなかった時代で、

でも不良と呼ばれるのはなんだか(ちょっと古くさい)そんな頃でした。

 

学校生活は私にとってとても楽しかったです。

 

ただ周りのクラス大半は、

長いスカートや短ラン(男子が着る制服の上が短い)

長ラン(男子が着る制服が長い)

最近話題の、

 

【今日から俺は!!】

 

をそのままの時代でした(あれを見ると思い出しますね(笑))。

 

『あれを観ると本当に思い出します(*^▽^*)
授業中に『今日から俺は!!』
リアルタイムで読んでいました(笑)』

 

 

 

 

クラスには、

 

少しの真面目に勉強する子と普通な子と、やんちゃな子

がいろいろいましたが、

 

みんな仲が良かったのです。

 

とくに虐めもなく、明るい女子だけのクラス。

 

やんちゃな子たちは、

自由なので学校を休む、遅刻、早退などさまざまで、

 

私の親友も

この部類に入っていて、

夜遊びなどで帰ってくるのが朝になり、

学校で寝るのが恒例でした(笑)。

 

みんなそれぞれやっているので、

学校のルールの罰則で謹慎処分(内容は書けません(笑))

なんてよくあることなので、

 

謹慎明けのあいさつも

 

『久しぶり!元気にしてた?これで謹慎〇回目やなぁ』

と〇回目が増えていってました。

 

これもよくある挨拶でした。

 

 

3年生になると

誕生日が早い子は夏休みの間に車の免許を取りにいますが

(車の免許は18歳からなので)、

誕生日の遅い子は(私も)ほぼ学校に行かなくても良い

この卒業前の2月頃から教習所に通います。

 

ので学校がなくても教習所にだいたいの子が集まってきます。

 

 

そんな楽しい学校生活も卒業式はきます

(3年間に何人かは辞めた子もいたけど)。

 

高校生の卒業式なんてドラマみたいに泣くのかなぁ、

とは思いましたが

式はおごそか(だと思う笑)に行われ、

あくびをしている子、

寝てる!の子もいたりと、

とくに泣いている子はいませんでした。

 

卒業証書はクラス代表が1人

舞台に上がり取りに行く

簡単な式。

 

校歌を歌って、

 

先生からの退屈な話に

 

生徒会長の話。

 

滞りなく式は終わり

それぞれの教室に帰りました。

 

1人1人への卒業証書授与は

クラスに帰ってからになります。

 

担任の先生が1人1人名前を呼んで渡してくれた時も

誰も泣くことなく、

反対に

 

『○○ちゃん、謹慎○○回でよく卒業できたなぁ(笑)!』

 

と大爆笑の中、渡されていきました。

 

そして担任からの最後のお話にも

クラスのみんなは

 

『これでやっと○○(先生)と会わなくて、怒られなくてすむわ!』

 

と笑いながら話していました。

 

最後の最後辺りに、一瞬静まり返ったときでした。

 

いつもやんちゃで、学校もあまり来てない子が、

 

『先生(いつもは呼び捨てですが)、

 

別にまだ学校に来てもいいよ。

 

明日も来てもいいよ、

 

いつもはだるくて来てないけど(学校)

 

来てもいいよ』

 

と言い出しました。

 

この一言で

 

本当に学校でみんなに会えない

 

のだと実感してしまい泣いてしまいました。

 

どうやらみんな同じだったようで

友達の言った一言で

みんなが泣きだしてしまったのです。

 

学校っていつもはめんどくさくて

行く気にもならないことあると思います。

 

が、

学校って

楽しい日々をいろいろ体験させてくれ

友達に会わせてくれる場所

なんです。

 

この記事をあなたがいつ読まれるかはわかりませんが、

 

まだ学校に行っているあなたはまだ

最大限に楽しめる時間

があるのです!

 

多くの仲間が教室に行けば会えるなんて、

大人な社会に行けばなかなか実現できることではありません。

 

 

soutoyoutori.info

 

 

今のこの瞬間を大事に1人でも多くの友達に会い、

話をして、

笑いあい、

ときにはケンカもして仲直りのやり方をみつけ、

 

友達との時間を大事に

 

してください。

 

私は友達が言った

 

『先生(いつもは呼び捨てなんですが)、
別にまだ学校に来てもいいよ。
明日も来てもいいよ、
いつもはだるくて来てないけど(学校)来てもいいよ』

 

は卒業してもう20年ほどたった今でも

忘れることはなく、

子供が今度、

小学校を卒業するので

この言葉を言って、

子供たちが学校を卒業を迎えるたびに話してみて

 

学校が、

友達が、

先生が

楽しい場所であるかを

伝えてあげたいと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

よい学校ライフを!!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ