風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

歯科で12年勤務して出会った、めちゃくちゃありえない親子の患者さん。親のしつけも大事!No1

こんにちは!

2児の子持ち中年主婦です。

 


f:id:snow20071015:20201220134146j:image

上のお花の写真は友達が撮ってくれたとてもキレイな花!

 

今回のお話は、

私がずっと書こうかと悩んだ事です。

 

私は約12年位の歯科アシスタント経験者です。

 

3ヶ所の歯医者に常勤として勤務して、

1人目の子供を妊娠して、

歯科アシスタントを引退しました。

 

そこで患者さんと出会った何千人。

その中でもとくに困った患者さんのお話をシリーズで書いていきたい!

 

辞めて12年ほど経ちますが、いまだに印象深い患者がたです(笑)

 

子育て中の親御さんや、

大人の方も要注意!!

 

あなたはこんなことをやってませんか?

 

 

まず1人目

 

この患者さんは

子供が治療するために来た母親と10才頃の子供です。

 

この10歳ぐらいの男の子を診療室から

『○○君、どぅぞ!』

と私は呼びました。

 

扉が開いたのは

診療台のチェアーから見えましたが、

お母さんしか見えません。

 

私がいた歯医者の診療室の構造は

今流行の個室ではなく、

昭和感たっぷりの古い歯医者。

 

診療室のど真ん中に器具を滅菌しておく棚(アイランドキッチンのようにあり、その上棚がある)があるので、向こう側が見えないようになっていました。

 

めちゃくちゃアットホームな歯医者なので初めてくる3歳児くらいでも、

 

次の診療のときは、

1人で診察台の上に座れてしまうぐらい、

楽しく治療をするように、私は心がけていました。

 

話が戻りますが

この男の子はまったく自分がいる位置から見えないので

不思議に思って

 

私は真ん中に器具を滅菌する棚の後ろに周ると

 

男の子がハイハイで向かってきている

その後ろをお母さんが

 

『○○ちゃん、ダメでしょ』

 

と小さな弱々しい声で男の子に言っているのですが、

男の子は無視。

 

私はてっきり男の子は歩けない子で、

頑張ってハイハイで入って来たのだと勘違いしてしまったぐらい、

普通でした

(お母さんのセリフ以外は)。

 

でも違いました。

男の子は自ら立って、治療のチェアーに座ったのです。

 

私は先生と目が合って

お互い

『どうしよう?』

と心で思っていました。

 

何かの発達障害の子供なのかとも思いましたが、

とくに問診表にも記載はなく、

 

治療がちゃんと出来るのかと、

頭はフル回転で、対応の準備をしましたが、

 

とくに治療するときは、

まったく問題なく口も開けてくれたので、

 

お母さんが真正面で見守る中、

治療が始まりました。

 

問診表には、

予め

痛い場所などを書いてくれてますので、

確認のために、

 

先生  『ここが痛い?』

 

 

男の子 『・・・。』

 

お母さん『○○ちゃん、痛かった?』

男の子 『うん。』

先生  『じゃ、こっちは?』

男の子 『・・・。』

お母さん『○○ちゃんどう?』

男の子『ううん。』

 

と、

この調子で時間がかかりますが

口は空いてくれるので、

治療は進みます。

 

この子はお母さんがいないと何も言えなく、

何も出来ないのかと、

 

治療最後の確認のときに、

 

先生『ここは、どう?高さ(噛み合わせ)とか痛いとかある?』

男の子『・・・。』

 

私はすかさず

治療した歯の近くの頬を指で当て

私『ここは高くない?噛み噛みしてみて。』

 

この子は噛み噛みとしますが

返答は声ではなく

首を振りました。

 

言っている意味は理解しているけど、

お母さんがいないと話せないそんな感じで治療が終わりました。

 

帰りも、待合室までハイハイで行こうとしているので

 

お母さんも

『○○ちゃん、ダメでしょ』

と注意のような、

注意にならない感じでジッとその光景を眺めながら、

後ろを付いて歩いていました。

 

通りには、

器具を洗ったりする水場あり、

金属の削りカス(踏むと痛い)

があったりするので、危険

 

私は

『ここは床が濡れてたり、削った金属とか落ちているから危ないよ』

と言うと

スクッと立ち上がりそのまま歩いて待合室に戻りました。

 

何かの障害を疑いましたが、

どれもちゃんと受け答えもできているので、とくに問題なさそう。

 

問題はお母さんで、

この子供のすることは何でも受け入れることだと思いました。

 

行きも帰りもハイハイで行き来する姿を見ても

 

止めないで眺めている母親。

 

2度目の来院は、

待合室から私が近くに立ち

一緒にチェアーまで歩きました。

 

前回のハイハイは忘れている事はないでしょうが、

私がいることで歩いたのか定かではないですが、

 

この子はちゃんとハイハイはダメなことを理解したから、

歩いたのだと思うことにしました。

 

 

親は子供のすることに、

共に共感していくのはとても良いことだとは思いますが、

 

悪いことは悪いと

 

ちゃんと教えてあげることも、

親として努めだよなぁと、

当時、独身だった私は痛感しました。

 

これは私が本当に出会った親子です。

 

人のフリ見て我がふり直せ。

 

良い言葉ですよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ