風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

レイキをして得したこと!

私の今の仕事はいろんな人の体に触れる機会がとても多い。

ある高齢の女性は、目が見えなく、右半身不随。

でもとても器用に、左手で何でもできる。

素晴らし( ☆∀☆)

でも、体は負担があるか 『今日は腰が痛い』 『今日は足が重い』 など、不調はあるが、 だからと言ってずっと愚痴る人ではない。

家では足の運動で100回を3セットするなどの運動はかかせないが、体のダルさなどの不調のときは、無理はしないが、次の日の足の調子は悪くなるなどの悪循環もたまにある。

で、冬はやっぱり体も冷えるようで体も動きにくい。 とも言う。

そこで、レイキが使える手だ! とくにマントラなどの言葉を言わなくても、右手は暖かいから、 試しに背中に当ててみた。

『スゴいね、あなたの手は暖かい!』 と、喜んでくれる(^^)

やりがいを感じる。

とても優しい声で 『あなたの手はこたつみたいだわ』

とても心が温かくぬくもりを感じる言葉を私にかけてくれて、 私が癒される。

私は誰かの役にたっているのかもと(^^)

その言葉に ありがとう


ブログランキング・にほんブログ村へ