風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

仕事がツラいと後ずさりしているときに、友達がくれた言葉


こんばんは!

介護福祉士をやっている2児の子持ち主婦です。

 


f:id:snow20071015:20201022220510j:image

 

最近、私の職場の部署が変わり

病棟になったとこで、

いろんなことが変わり

覚えるのが必死!!

ですが、

40代後半にもなると、覚えるのも昔と違って遅いし、忘れる(TT)

 

若いときは、そうで無かったなぁと嘆きたくもなるのですがね。

自分の母親が昔に、

「最近、忘れっぽいわ!」

と言ったのを、

私は

「じゃ、メモでも取れば?」

とクソ生意気な返しをしたのが、後悔です(^~^;)ゞ

 

 

そんな体験ないですか?

 

 ノルコーポレーション ルームフレグランス リードディフューザー Johns Blend ホワイトムスク OA-JON-6-1 ホワイトムスクの香り 140ml

とにかく新しく場所なので、

覚えたいけど、

なかなか追いつかず、

若い方には

 

「はぁ┐(´д`)┌」

とされ、

体は動かず

 

苦しいとこにいますಠ﹏ಠ

 

が何とか頑張りたい、

体が悲鳴を上げて、腰が立たなくなってきた。

 

コツが掴めてないから、無理な体勢の仕事がダメなんだろうね。

 

で、

思い出した友達の言葉

 

“”無理のない仕事をする“”

“”自分の出来る仕事をする“”

 

です。

 

元同じ職場の友達が、

前の職場で落ち込んでいたとき、私を励ますために、

私にかけてくれた言葉でした。

 

今、この新しく来たこの場所で、

この言葉が私をまた励ましてくれる言葉として、

フッと思い出されて。

 

多少の無理は、今はするべきかもだが、

それ以上にしてしまったら、

体は言うことを聞かなくなる。

 

これは、自分の体だから

とてもよくわかる。

 

この言葉は誰にでも当てはまり、

励ます言葉かもしれないと思います。

 


あなたも

 

“”無理のない仕事をする“”

“”自分の出来る仕事をする“”

 

どうですか?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ