風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

笑いは健康の種になる!笑いは心も体も元気にします!

こんにちは!
2児の母しています中年主婦です!


f:id:snow20071015:20201024130454j:plain


その日の朝の空を写真に撮って残していいきたいと思って晴れなどの写真を撮っています。



ある夜のことです。

うちは神棚を祀ってあるんですが、



毎日、朝に


“”米“” “”塩“” “”水“” “”酒“”



を変えています。


そしてその酒は夜に旦那さんが飲むので朝は冷蔵庫に入れて保管します。



ただ最近は寒くなってきたので、旦那さんか
「今度、徳利を買って温めて出してよ。」
と言われましたが、
その日は仕事でしたので、買い物は行けなく
レンチンして出すことにしました。



ただ私はお酒は飲まないのでお酒の温度がわかりません。


その時です。急に曲が流れだしました、もちろん頭の中です(笑)




〜お酒はぬるめの燗がいいぃ〜



と頭の中で流れ出しました笑


そうだ、お酒はぬるめが良いんだわ(☆▽☆)





歌いはしませんでしたが笑っ



ほんのり温かいくらいの酒を
レンチン数秒してテーブルに置きました。


私は洗い物をしていると、

旦那さんが
「ぬるい!!」
と笑いながら来て

私は

「えっ!だって八代亜紀が!」

「はぁ?」

八代亜紀が〜お酒はぬるめの燗がいい〜って、言ってた!」

「じゃ、もうちょい温めて笑」
と、夫婦に笑いが起きました笑


うちの夫婦はケンカ(離婚スレスレ)もするけど笑いもある夫婦
です(≧▽≦)




人は笑いがないと、ダメだなぁと思います。



認知症にも笑いが良いとも聞きますし、
明るい家には福来たる!


そう!


笑う門には福来たる



なんですよ、
これとても理にかなってまして

私が妊娠中に、
低地胎盤になってしまい、

1か月ほど入院してしまったときのことです。

出産は帝王切開になってしまったので、

事前に輸血用の血を採取しときますと、


寝起きから
ぶっとい針を刺されて血液を抜かれました。


私は注射は大の苦手!!

緊張のあまり血流が悪くなりなかなか血液を取れなくて困っていました。
が、
私がナゼ注射が大の苦手かをナースさんに話すと、
(また今度書きます)
緊張がほぐれて話しているうちに笑いも出て、

するとどうでしょう!

緊張の糸が切れたので、急に血流がよくなり、すぐ血液は取れました。
500CC取りたかったのに、多めに取ってくれました!

針を抜いてこれで終わりだと大喜びしていたその日の午後、ナースさんがやってきて

「○○さんスミマセン。」
「え?何?」
「今日、血液を取ったのが取りすぎだったようで、明後日また血液を今度は500ちょうど取りますね」

「えーー!取りすぎってダメなのーー!」

「そうだったみたいです」

「わかりました今度は血流がよくなり過ぎないように笑わないでやりましょう笑」

となりました。

血液抜きすぎって!
でしょう、
誰かのためにも使えない私の大量の血液はこうして破棄されました(^~^;)ゞ

が、笑いが体を健康にしていることは身を持って体験しましたので、


NON STYLEにて

NON STYLEにて

  • 発売日: 2016/04/04
  • メディア: Prime Video

皆さん、一日一膳

1日1笑

を心がけましょうよ(◕ᴗ◕✿)

ブログランキング・にほんブログ村へ