風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

光熱費2020年度 太陽光発電と蓄電池、リアルな売電なども書いてみた!家計簿代わりに光熱費も全部丸ごと!

『こんにちは!!
2児の子持ち中年主婦のおすずです。』

 

f:id:snow20071015:20210502104255j:plain

光熱費 あなたの家はどれぐらい?

 

今回のお話は、

 

家の光熱費と太陽光発電システムを設置していると?

 

です。

 

誰もが気になる、よそ様の光熱費。

そして太陽光パネルと蓄電池を付けているとどうなのかを

ありのままに記載してみたいと思います。

 

『うちの家計簿兼備忘録の代わりの記事なので、
読みにくいかも(;^ω^)』

 

2020年(令和2年)

1月~12月までの

水道代 電気代 ガス代

の記録です。

 

 

参考になるのは

うちには、

太陽光発電システムを採用しています。

 

蓄電池もあり!

 

2019年4月中旬に念願の新築一戸建てに引っ越してきました。

3LDkRに

2020年は

大人2人

子供5才(保育園)と11才(小学生)

がいます。

 

普段は大人2人とも仕事に行っています。

家の昼間はほぼいないので、光熱費はかからないです。

 

 

家の設備には床暖房がリビングにあります。

ガス床暖房なので、ガス代は床暖割引のような名前で割引があります。

 

 

2019年8月中旬に太陽光パネルを屋根に設置。

すると最上階のロフト部分の真夏の暑かった部屋の温度は

その日のうちに下がりました。

その結果、エアコンの効きが良くなりました!!

必然的にエアコンの電気代は下がる、副産物が生まれたのです(*^▽^*)

 

床暖割引と太陽光発電があるので、電気会社とガス会社が同じにしませんでした。

 

 

soutoyoutori.info

soutoyoutori.info

 

 

項目

  1. ガス代
  2. 電気代
  3. 水道代
  4. 光熱費合計
  5. 太陽光発電

 

 

1,ガス代

 

2019年12月25日~1月28日(35日間)

使用量 127㎥

💰14149円(床暖割引△4147円)

 

1月29日~2月25日(28日間)

使用量 91㎥

💰11189円(床暖割引△2494円)

 

2月26日~3月26日(30日間)

使用量 82㎥

💰10482円(床暖割引△2062円)

 

3月27日~4月24日(29日間)

使用量 65㎥

💰7408円(床暖割引△2951円)

 

4月25日~5月26日(32日間)

使用量 46㎥

💰6018円(床暖割引△1865円)

 

5月27日~6月25日(30日間)

使用量 26㎥

💰4548円(床暖割引△635円)

 

6月26日~7月28日(33日間)

使用量 26㎥

💰4541円 (床暖割引△635円)

 

7月29日~8月26日(29日間)

使用量 16㎥

💰3479円(床暖割引△224円)

 

8月27日~9月25日(30日間)

使用量 16㎥

💰3448円 (床暖割引△220円)

 

9月26日~10月23日(23日間)

使用量 28㎥

💰4523円(床暖割引△745円)

 

10月24日~11月25日(33日間)

使用量 73㎥

💰7190円(床暖割引△3339円)

 

11月26日~12月23日(28日間)

使用量 85㎥

💰9451円(床暖割引△2110円)

 

 合計 💰86426円

 

2年前に住んでいた地域はプロパンガスだったので

1ヶ月のガス代は都市ガスの1,5倍~2倍の値段がしていましたので、

本当に安くなったなぁと実感するところです。

 

床暖房がいったいどのくらいのガス代が出るのかわからなかったので

使いすぎないか節約しながら使っていました。

 

暖房はファンヒーターを主に使用していました。

 

ガス会社から床暖割引があるとは知らなかったので、

お知らせの紙を見て割引のとっても嬉しかったです!

 

2,電気代

2019年12月20日~1月23日

使用量 190kwh

💰4846円

 

1月24日~2月20日

使用量 141kwh

💰3424円

 

2月21日~3月23日

使用量 148kwh

💰3622円

 

3月24日~4月20日

使用量 115kwh

💰2700円

 

4月21日~5月21日

使用量 126kwh

💰2989円

 

6月22日~7月20日

使用量 182kwh

💰4583円

 

7月21日~8月24日

使用量 340kwh

💰9218円

 

8月25日~9月23日

使用量 230kwh

💰5891円

 

9月24日~10月21日

使用量 127kwh

💰2931円

 

10月22日~11月23日

使用量 143kwh

💰3323円

 

11月24日~12月20日

使用量 157kwh

💰3656円

前年度は11月22日~12月19日の

使用量は142kwh(+10,5%) 

 

 合計💰47183円 

 

去年7月~8月の電気代が1万円を超えていました。

 

暑い夏の就寝時に最上部にロフトがある部屋で寝ます。

最上部はホントに部屋が暑くてまったく

エアコン(2019年に引っ越しと一緒に購入)は効かなく、

冷えるまでにかなりの時間がかかります。

 

ですが、太陽光パネルを屋根に設置したことにより、

パネルが熱を遮断しとことで

ロフト部分が温度がまったく違う、

下がりました。

 

これで電気代が一気に4000円以上下がったのが

思わぬ太陽光発電の副産物だっだと大喜びですよ(*^▽^*)

 

3,水道代

2月7日~4月8日

使用量 44㎥

💰11356円

 前年度 使用量41㎥

 

4月9日~6月8日

使用量 45㎥

💰11682円

前年度 使用量44㎥

 

6月9日~8月11日

使用量 49㎥

💰12984円

前年度 使用量45㎥

 

8月12日~10月8日

使用量 41㎥

💰10379円

前年度 使用量49㎥

 

10月9日~12月9日

使用量 44㎥

💰11356円 

前年度 使用量41㎥ 

 

12月10日~2月4日

使用量 39㎥

💰9734円

前年度 使用量41㎥

 

 合計💰67491円 

 

水道代で節約をしているところは、

 

洗濯機です。

ドラム式を使用してお風呂のお湯を活用しています。

 

1度、ドラム式の洗濯機の

お風呂のお湯が吸い上げることが出来なくなる故障がありました。

 

そのときのお風呂のお湯を使わずに1ヶ月以上使用していて、

水道代が3000円ほど上がりました。

 

縦型の洗濯機は洗浄力は上がりますが、

水道代も上がります。

 

ドラム式洗濯機は水道代は(お風呂のお湯を使わないでも)下がりますが、

洗浄力も下がります。

ですが、

縦型洗濯機は乾燥はなかなかできなく、

子供の急ぎの服などが

電気代が上がりますが、

梅雨時期と冬に大活躍します。

 

4、光熱費合計

1月~12月の

 ガス代+電気代+水道代

 合計💰201100円

 

でした。

 

 年間の光熱費は約20万円になっているようです。

節約するところはしていますので、

うちにとってはこれが通常ぐらいなのかと思いますが、

子供が大きくなることに

光熱費はあがるでしょう。

 

4,太陽光発電 

 

 1月 (31日間)

∴発電 325,2kwh

∴売電 253,5kwh

∴買電 164,1kwh

∴消費 214,1kwh

💰6864円

 

2月 (28日間)

∴発電 408,8kwh

∴売電 343,6kwh

∴買電 146,0kwh

∴消費 193,9kwh

 💰7488円

 

 3月 (31日間)

∴発電 611,1kwh

∴売電 534,3kwh

∴買電 145,5kwh

∴消費 202,7kwh

💰12456円

 

4月 (30日間)

∴発電 733,3kwh

∴売電 637,6kwh

∴買電 125,5kwh

∴消費 204,9kwh

💰12312円

 

5月 (31日間)

∴発電 752,1kwh

∴売電 658,2kwh

∴買電 130,5kwh

∴消費 208,8kwh

💰16440円

 

6月 (30日間)

∴発電 694,0kwh

∴売電 580,3kwh

∴買電 167,8kwh

∴消費 261,8kwh

💰15288円

 

7月 (31日間)

∴発電 515,7kwh

∴売電 401,8kwh

∴買電 227,6kwh

∴消費 316,4kwh

💰10200円

 

8月 (31日間)

∴発電 800,5kwh

∴売電 566,3kwh

∴買電 317,5kwh

∴消費 522,9kwh

💰13752円

 

9月 (30日間)

∴発電 526,0kwh

∴売電 437,2kwh

∴買電 199,6kwh

∴消費 264,8kwh

💰11256円

 

10月 (31日間)

∴発電 480,3kwh

∴売電 418,7kwh

∴買電 140,6kwh

∴消費 185,3kwh

💰8832円

 

11月 (30日間)

∴発電 408,0kwh

∴売電 339,6kwh

∴買電 142,5kwh

∴消費 195,3kwh

💰9936円

 

12月 (31日間)

∴発電 395,3kwh

∴売電 313,8kwh

∴買電 196,7kwh

∴消費 254,6kwh

💰7128円

 

 合計💰131952円

 

 

 

6,感想

 

家計簿を付けたりはしないので、

改めて書き出してみると、

年間の光熱費と太陽光発電で売電した費用などを見て

驚きました。

うちは家族(2020年で)

大人2人と11才と5才が住んでいる

3ⅬDkの一軒家に(2019年4月~)住んでいます。

太陽光発電は付けることは光熱費が下がることが目的でしたので、

訪問販売員のかたが来てくれ、

何度も質問をして(ハッキリ言えば質問攻めで嫌がられて『もう付取り付ける気ないでしょ?みたいに言われました(笑)』)、

 

太陽光パネルと蓄電池は

めちゃくちゃ高い買い物になります。

ローンをしてまで光熱費を押さえる価値と元が取れるのか

何度も販売員の方に聞き

シュミレーションを見せてもらいました。

 

屋根に取り付ける、パネルの数(枚数は多くなると営利目的になるようで一般的な家庭の消費量に合わせないと税金がかかるようです。)と屋根の向きで発電量が変わってきます。

 

季節や天候に大きく作用されますが、

初めに聞いていたシュミレーションの発電量よりも多く、

うちでの発電量は多かったので

販売員の方が驚いていました。

 

私の販売員さんへの質問では

『太陽光発電は月では発電しないのですか?』

『街頭では発電しないのですか?』

と嫌がらせかもしれない質問にも答えてもらいってます(笑)

 

答えは

『(2019年)今はまだそれは出来ないですが、未来はもしかしたら出来るかもしれませんね(笑)』

と営業スマイルで返してくれました(笑)

 

今のところ太陽光発電システムをつけて後悔はしていません。

でも1番気になるのは

台風のときにどうなるの?

最終発電できなくなったときに

取り外しに費用がかかるのが問題でしょうね。

 

どちらにも

デメリットとメリットはあります。

 

 

 今回も読んでいただきありがとうございました(*^▽^*)!!

 

『2019年 2021年も書き込みをしています!』

ブログランキング・にほんブログ村へ