風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

映画『天気の子』の主人公の天野陽菜ちゃんみたいなことが本当にできていた私のこと。

『こんにちは!!
2児の子持ち中年主婦のおすずです。』

 

f:id:snow20071015:20210221082733j:plain

青い空って良いよね!

 

今週のお題「告白します」

 

今週のお題は告白します!!なんですね。

 

女子高生くらいなら、

“”恋愛系“”になるのかと思いますが、

 

こんな中年おばさんは、

恋愛の“恋”も果てしなくなく旦那さん一筋になりますが(笑)

 

『パパのことは大好きですよ!!』

『私のことは?』

『おチビちゃんのことも、お兄ちゃんのこともパパより好き(*^▽^*)!!』

『じゃ、おもちゃ買って(*^▽^*)』

『えっ?、、、何で?、、、(;^ω^)』

『私の事、好きなんでしょ!』

『それはちょっと、、、(;^ω^)』

 

 

 ちょっとスピリチュアルな話になりますが、

小さな頃は風とお友達でした。

 

まぁ(;^ω^)誰が聞いても、

 

『は?』

と思うでしょうね(;^ω^)

 

そうなんです、私のブログのタイトルにある通り、私は

自然界にある風とお友達でした。

 

ので映画の

“天気の子”

で出てくる内容が少しわかります。

 

主人公の

【天野陽菜】あまのひなちゃんが天気を変えるお仕事をします。

 

“”天気を変える“”

は私も小5から出来ていました。

 

嘘のような本当の話。

小学5年生の運動会の前日から、風と話せるようになった私。

 

だからって誰に話しても信じてくれる訳でもなく、でもどこかでみんな“風たち”と話せるとも思っていました。

 

あるとき風に聞いてみました。

 

『みんな、私みたいに風たちと話せるだよね?』

 

風は言いました。

『話せる人はいる。』

『でもみんなじゃない』

『(こっちは)みんなに話している。けれど答えてはくれない』

 

私は

『話せる人はいるんだ!!』

と嬉しくなりました。

『じゃ、私は何で話せるの?』

 

風は

『(話せる人を)探しなさい、そしたらわかる』

 

と言われました。

 

当時はまだスピリチュアルなんて言葉もなく、

今のようにインターネットのような物もなく

 

探すと言っても小学5年生の私には無理な話。

 

いつしか探すと言われたことはあまり気にしないぐらいで、

 

自由に風と楽しんでいました。

 

自然たちと楽しめること

  • 風は友達!
  • 天気を変える
  • 天気予報を教えてくれる

 

風は友達だったので小学校の頃は体育の授業のあとは

暑いので

『風さん吹いて!』

とお願いをすると

“ビュー”

と風が吹き

『あ~~、涼しい、気持ちいい(*^▽^*)』

と大喜びをしていました。

 

天気を変える、これは映画“天気の子”でも主人公の陽菜ちゃんがやってましたね!

 

体育大好きな私、晴れ女を自称できるほどです(笑)

 

雨予報でも、晴れになります。

 

イヤなイベントのときは雨になってくれます。

 

『明日、運動会だから絶対に晴れてね!』

なんてお願いをしときます。

 

そして天気は風たちに聞きました!

私は天気予報なんてほぼ観たことがありませんでした。

 

ナゼなら、自然たちが教えてくれるから。

 

中学生のある夏の日、3人の女の子の友達で下校途中のとき

友達の1人が

『明日の天気って知ってる?』

と言いました。

当時はまだスマホなんて便利物もない平成初期頃、

 

私は

『ちょっと待って、聞いてみる!』

『うん。』

『明日は?』

と風に聞いて

明日の天気を友達に教えてあげました。

 

もちろんその通りの天気でしたね( ´∀` )

 

そして20才頃になったときに気が付きました。

風たちと話せなくなっていたことに。

 

20才頃の私は、仕事第1主義。

朝から夜まで働いていました。

 

通常は朝から夜までは歯医者で常勤のお仕事。

歯医者の仕事にネットワークビジネス、クイックマッサージ、パチンコ屋、

と休みもなく働いていました。

 

『今は副業とかも容認されていますが、ホントは当時は副業はできなかったなぁ(;^ω^)それでも副業やってました(笑)』

 

仕事ばかりしていたので

風と話してたり、自然を感じるなんてこともなくなり、

四季を分かっているぐらいになりました。

 

するとだんだんと人間界の人、みたいになったのです。

 

すると、風の話を思い出しました。

 

『みんなに話してる。

けれど答えてくれない。』

 

この言葉の意味がわかったような気がしました。

 

小さな頃は、素直に聞けていたのに大人になってしまった。

 

そう実感しました。

それからは風たちを感じる程度になりました。

 

天気は変えることはまだ出来ますが

もうあの頃のようにむやみに変えることはしません。

むやみに天気を変えることは、

自然をちょっと歪ませることにも気づいたからです。

 

そう映画の中でも

ずっと雨が続くように。

 

台風なんて大きなものを移動させようとすると、

絶対に歪みが出て、その歪みをどこかで改善させるため

異常が起こります。

やはり自然は自然の摂理があるのです。

 

 

あなたは

自然の声が聞こえますか?

 

聞こえるなら素直な心をずっと忘れないで(^_-)-☆

  

 

「天気の子」Blu-rayスタンダード・エディション

「天気の子」Blu-rayスタンダード・エディション

  • 発売日: 2020/05/27
  • メディア: Blu-ray
 

 

今回も読んでいただきありがとうございました(*^▽^*)!!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ