風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

2020年初めにあった大騒動!巻き込まれなかったのは普段からの行いでした。

お題「#買って良かった2020

 

こんにちは!!

2児の子持ち主婦です。

 

f:id:snow20071015:20201115073547j:plain

 

年末か迫った

2020年12月19日土曜日

 

寒い!!

 

今回のお題は

今年買った

 

“神アイテム”

 

何ですが

 

やはり買ってて良かったのが

 

“マスク”と“トイレットペーパー”

 

でしたね。

 

今年の初めの騒動に巻き込まれる前に

(偶然にも)

ストックをたくさん買っていて

 

とくに焦ることがなかったのです。

 

私の職場が病院でしたので、3月、4月頃まではマスクの

支給はありましたが、数が足りなくなると、

 

今年、有名なった

 

アベノミクス

ではなく

“アベノマスク”

 

と同じ布マスクを配布され、

利用者さんも来所時は

布マスクを着用することが徹底され出しましたが、

 

利用者さんはマスクは

苦しい、

(ゴムで)耳が痛い、

お茶を飲んで外し忘れ、

外した後の付け忘れ、

 

お隣同士で話していてもお互いが耳が遠いので、

聞こえずらい

そして外す、

スタッフに注意される、

また言われてしまったと

イライラされ

 

慣れないことのに

ストレスを感じているのが現実でした。

 

スタッフの私たちも大変で、

マスクをしてのお風呂介助は、

 

酸欠ギリギリです。

 

普段の夏でも、

お風呂場で熱中症になりそうなくらいなのに

慣れないマスクで、

汗を余計にかき、

マスクも濡れ口に張り付き、

息が出来なくなります。

 

しんどいを通り越すと頭がボ~~としてきて、

危ないって感覚が薄れます。

 

その中でも、利用者さんの様子などにも気をつけないと危ないので

 

体力的にも

 

精神的にも

 

疲れていました。

 

家でもマスクは必需品になりましたが

 

また4月頃は、

 

急いで買い物に行こうとすると、

 

マスク忘れに気が付き、

 

家に戻ったりを繰り返し、

 

そのうちマスク販売が安定してくると、

 

車に予備のマスクを置いておける状態になりましたね。

 

マスクやトイレットペーパーがないときの、

世界中で、

買い物客の争いが注目され、

 

スーパーで殴り合いをする、

女性などがテレビで放送されていました。

 

醜いと思うより、

 

『みんな、必死だったんだ。

家族を守りたいもんね。』

 

と感じていました。

 

うちは、

ありがたいことに、

 

トイレットペーパーのストックがたくさんあり、

 

トイレットペーパー騒動が終わった頃に、

 

トイレットペーパーがなくなり

 

とくに焦る必要がありませんでした。

 

マスクも器用な妹が、

大量の布マスクを作ってくれたのと、

 

毎年花粉症になるので、

 

年始になるとマスクを買いだめしていて、

とくに困ることはなかったのです。

 

ので、

今年の買ってて良かった物は、

 

普段から買っている、

今となっては当たり前に売りに出されている

 

“マスク”

 

“トイレットペーパー”

 

になります!

 

あなたはどうでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ