風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

本当に苦しかったけど(^o^;)

この内容は自分がまた苦しくなったときに、読み返すときっと楽になる方法の1つとして、残すものです。

私は仕事でミスを起こしてしまった。 それが続いてしまった。 今は問題は解決したし、のちのちの為に考えさせられる、ミスでもあった。

ミスをすると落ち込みドォオンと落ちてくタイプ。

初めのミスはあとで考えれば、自分で大げさに慌てたことが原因で、とくにミスに発展することもなかったものであった。

じゃ、どうしたらあのミスはなかったことができたのか。

理論的に考えると、 そのままの 何も考えてないその頭が原因ですね。

だから、 その私の次の行動を読んでの、私の行動をすれば良かったんです。

簡単そうで、難しい。

先回り考え。

例えば、 独身時代、私は歯科助手をずっとしていましたので、

先生のアシスタントとして、 先生 患者さん 私(アシスト)の並びでいます。

で、もう何年も同じ先生の元にいれば先生の次の行動、その次の行動は読めてきます。 さらに言えば、 患者さんの話す症状と、口の中の様子で、 頭の中で勝手に処置していけるくらい、出来てくるのです。 特殊な内容の処置でない限り、歯科の治療方法はだいたい決まっているからです。 まさに、   阿吽の呼吸

ですが、 介護は違う! 相手は、それぞれ違うし、誰がどんな行動するかは、その日、その時によるんです。

じゃ、どうする?

1人1人の行動を把握して、頭に入れておけば、今日のその人の様子で、いつもと違うことが確認されるし、行動も少しは読むこともできる(完全ではない)。

これをまた私が困ったときに読み返してみようと書留ました。

もしもこれを読まれた、ミスをした方がいるなら、 なぜミスしたとか、落ち込みながら、 じゃ、次どうしよう? とか、 ミスは何が原因そして、解決方法は? と、冷静に書き出してみてはいかがですか?

苦しいけど、這い上がるしかないよね( ´◡‿ゝ◡`)

ブログランキング・にほんブログ村へ