風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

自分の氣を使う

さて自分の氣を使う続きです(・∀・)

 

氣をわからない人でも、氣は絶対に出ているので出ていると思ってやってみて下さい(≧▽≦)

 

1、両手を胸の前に合わせます(合掌)

 

2、両手の平の間を少し空けます。

ここで氣がわかる人はほんのり温かさを感じます。感じない人は気にせず進みます。

 

3、もう少し間を空けて(約10センチぐらいかなぁ?拳1つ分くらい)この手のひらの間に丸い氣の塊があると思って下さい(私がよく例える言葉は私の大好きだった漫画ドラゴンボールかめはめ波です笑まさにあれ!もちろん攻撃用ではありませんが、鍛えれば本当に撃てるようですよ、私の知り合いは友達に試しに撃ってみると「痛い!」と言ったみたいです笑)

 

4、このまあるい玉はとても柔らかく、スライムみたいですので、伸び縮みします。これを伸び縮みさせて、だんだん大きくしてみて下さい!

やり方は手のひらを同じ角度のまま、手のひらとの間を大きく空けたり、狭めたりします。

 

5、このまま大きくしてよくある風船ぐらいにすると、この風船の中に入ります。

6、まずは頭から、手のひらを頭の上まで持ってきて、合掌ポーズしてから頭の大きさに合わせ手のひらの間を空けていきます。

 

7、そのまま手のひらを下に下にと体の大きさに合わせて(体に沿わせて)足先まで行くと閉じて下さい。

 

8、胸に手を当てます。このとき自分にプラスな言葉をかけてやるのも効果的!私は仕事前にやるので落ち着けるために、「大丈夫(安心して)」を言います。

言葉で書くとめちゃくちゃ大変!と思いますが、ものの数秒で終わります(✿^‿^)

 

ただし、これはあなたの氣での防御なので、あなたより強い氣の方や物事などはやはり攻撃されますが、だいぶ軽減されるでしょう。

逆にあなたより弱いものは跳ね返すので、楽に過ごすことが出来ると思いますよ(✯ᴗ✯)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ