風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

大神神社参拝7月24日金曜日 

友達が数日前に奈良県桜井市大神神社に行ったと聞いて、 うちも行きたいなぁと思っていた。 日曜日に行こうかと旦那さんと言っていたが、旦那さんが日曜日の夜から仕事だから、行っても登拝は出来ない。 腰の調子が悪くて起きるのもままならない、整骨院通いだったし、雨予報。 とりあえず参拝だけでもと、予定していた。

が、急に旦那さんが24日が休みだと、23日の夜にわかった!

とりあえず、上に行きます‼️と伝えて(雨予報だったため)、旦那さんの腰の調子次第ともなった。

23日の朝に40分ほどレイキ注入とマッサージはしていたのが効いたのか、夜には少し楽そうだったからだ。 龍体文字も湿布に書いておいた。

夕方の天気予報は雨だったが、上にお願いしてからの天気予報での雲の様子を観ていると、奈良県桜井市辺りだけ雲が切れていて、ありがたいなぁ( ☆∀☆) 行って良いんだなぁと実感していた。

そして24日の早朝に起きて曇り。 奈良県桜井市に入って、大神神社の大きな鳥居を見た辺りから、少し雨。でもすぐ止む。

駐車場から歩いていると、 旦那さんがゆっくり歩いていて、鳥居をくぐって砂利道では、 『なんか腰の調子が良いなぁ』 と、言い出した‼️ 待ってました( ☆∀☆) と、思いました笑っ

私は、旦那さんの体調のために来たかったのだ( ☆∀☆) で、もっとスゴいのが 『これだけ調子が良いなら登拝できるなぁ』 と言い出したので 『昨日までベッドから起きることも、時間かけないと起きれなかったんだから、登るのは止めたほうがいいよ』 と、私は心配して(ここまでは想定外なので、本当に動くのも昨日までしんどそうだったから) と言ったけど、 『何か登れるよ』 と、3度ほどこのやり取りをしたが、旦那さんの決意は固く、歩けなくなったら降りるを条件に、一緒に行くことにしました。

4日前まで崖崩れで登拝は中止だったので、ぬかるみなどはありましたが、5才も頑張って登り、1番心配の旦那さんも見事登りきりました( ☆∀☆) 雨は少し降ったり止んだりでしたが、熱い体を冷ますには丁度良いと11才のお兄ちゃんが言ってました笑っ もう汗だくでしたが山の上は涼しく、汗も引きました。 コロナのため滝業は禁止になっていましたが、参拝者はけっこういました。

前回のような体験はなかったですが(ここでのことは人に言ってはならないとネットでも書いてあるから書きません) ここに来るまでの、行けないかもなことは、全部なくなってしまったことは、また不思議体験だったんじゃないかな。

鳩に会えたのは、『鳩?』と思えました(^^)

f:id:snow20071015:20200725221144j:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ