風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

腹痛の子供にレイキをしてみた

朝からお腹の調子が悪いと、学校を休んだ10才。

小児科に行くと、 『便秘、便がたまって痛いんや、ウィルスとかちゃうから出したら痛くなくなる。』

だったので、浣腸をもらって帰った。

仕事柄、浣腸をやっている場面は何度か見ているがやったことはない。

が、10才がイヤがった。

まぁしかたないよなぁ。

でも病院で処方されたものは、したほうがいいだろうと用意はするが、頑として

『イヤ!!』

とにかく痛いのが治まらないとと思い、 『じゃ、レイキしてみよう』 内心はレイキは病気を治すものでもない(私は便利だと思うがめっちゃ依存はしない、ただ楽になると思うようにしている、他の誰かにするときも『病院ではないので、医者の指示には従うように』と言っている)

便が出ない人にやる 大腸の走行に沿った上行結腸→横行結腸→下行結腸 (通称“の”の字マッサージ) をやってレイキ。

すると私の下腹部が痛い(T-T) 子供のお腹と同じように痛いのだ。

手から伝わったんだろうなぁ。 5分ほどして、 『トイレ!』 少し出たようだ。

が、本格的に出てない。 が、浣腸を勧めたが 『イヤ!!』 だったので、そのうち出るやろと諦めた。

ブログランキング・にほんブログ村へ