風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

子供のしつけについて、私がしたこと。

10才児には、ほとほと困っていた。

相手は子供なんだから、怒らないように思うけど、 子供がいつのまにか、自分の持ち物みたいになるんたろうね。

持ち物は自分の思い通りにならないと、

    **イライラ**

するんですよ。

相手は人間なんだけど。

思い込み(これで終わるような言葉じゃないかもしれないときもあるが) 頭がこの子供は、持ち物で言うこと聞かないのは性能が悪い。 だから、

      **怒る**           

       **怒鳴る** 

      **叩く**

誰も助けてもらえるすべもない子供。

こっちも本当は怒りたくもないんだよね。

怒る時間も無駄だよね。 イライラ怒りまくるだけなんだもん。

スッキリなんてしないけど、スッキリ求めるだけなら、本当の虐待だ。

初めは注意、言い聞かせのつもりが、 最終的には、自分の感情をぶつけてる。

怒ったあとって、ツラいよなぁ。

うちは1つの何かに10才児が言うこと聞かないと、 まず30分は話し合い(相手の意見は聞くが初めだけ)はする。

そして、それでもダメなら、手が出たり、外に出したりした。

ここでスゴいのが、 当時はお兄ちゃんが7才か8才ぐらいのときに、 夕方ぐらいに外に出すと

口に手を当て 道路に向かって

  『誰かぁーー!』
『助けてぇーーー!』

と、近所の人に助けを求めたのを玄関で様子を見ていた私は、すぐに

『はい、中に入って(^o^;)』

と、言いましたね笑っ

うちの10才児は、私を何んで怒らせるんだろうとか、思いますね。

学童の先生とかが、 『お母さん、○○君に何を怒るんですか?』 と、何度か聞かれたけど、

『うん~、何だろ』 結果、あんまり怒らす内容は濃くないんだよ。

先生とゆっくり話をすると、 よくある、

“そうそう、この間もね” とか出てくるんだけどね。

実際は、 『え~と、なんだっけ?』 と、思うぐらいのことで怒っていることが、以外と多いことが自分で、第3者に言われてわかるんですよ。 続く

ブログランキング・にほんブログ村へ