風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

子供のしつけについて、私がしたこと

うちの10才児はとって大変だと思っていました。

私はとにかく厳しく育てたと、思っています。

ときには手も出てます。

虐待だと言われたしかたない、通報されたら警察に捕まれるな。 と、さえ思っていました。

こんなことをネットに書くこと事態、恥ずかしいことだろうし、恥さらしだとも思うけど、 やってしまっていたのは事実です。

児童相談所にも行きました。

発達検査なども受けてもらいました。

小学校に上がる前に、保育園の先生から相談され、行くことにしました。

とくに問題はなかった。

次に受けたのは10才になった最近です。

でもとくに問題はなかった。

何が原因だろう

私だろう

でも、

怒るしかない

でも怒るのも、怒鳴るのも、叩くのもイヤ。

どうすればいいの。

かなりしんどかったと、思います。

仕事して、育児して、家事もしてママをするのは大変なんです。

『私はやってるわよ!甘いわ!』

と、叱られるんでしょうが疲れていました。

学童の先生と相談して、いったんママを止めてみたら? と、言われたとき

 “あっ、いいんだ”

と、なんだか力が抜けて少し楽になりました。

ことのとき、私がした行動は、

“とにかく関わらない” “食事、洗濯、掃除などの基本的なことはするが、話したくないなら、話さない、宿題しないからと、怒らない、朝、起きなくても、歯を磨かなくても、学校に行かなくても何も怒らない。” 関心を持たない。 を3日ほどしたら、何だか気が抜けた。

張り詰めた何かを自分で出していたんだな。と、実感したわ。

で、10才児は、

『ママは、本気で怒ってる、どうしよう』

と、感じたようで 学童での大暴れもケンカもなく、シュンとしていたようで。

少しは10才児は懲りたようです。 が、普通に戻ればまたもや、 大暴れ。 学校に自殺予告。 ケンカ。 とにかくまた怒らないと、ダメな日々が返ってきた。

疲れていた。 続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ