風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

占いには、好都合の場所のようだ

霊道って、聞いたら怖い場所みたいだが(1人で夜は怖いかも笑っ)

ナゼか能力が上がる気がする。 それは、別の人も言う。 だから、来るんじゃない! と。

ここで、話をしていると、よく音を鳴らされる。

『まるで、ここにいる! 私も混ぜてよ!『いるぞー!』

みたいにね。

そんなときは、 『相づちをうってあげる』 と、黙る。

でも先日 私は初めての “スピリチュアル座談会” を私主催でやってみた日のこと。

朝10時から、この場所に入ると、 鶴の人が鍵を開けてくれて中に入った。

廊下をうろうろ歩いていると、

背中にコーヒーとかを運ぶトレーが背中にぶつかった。

擦れた、じゃなく、明らかにトレーをぶつけられたので、 『えっ?何だ?痛い!よ笑っ』 と、てっきり 鶴の人が私にぶつけたと思って振り替えると、 鶴の人は、2mほど後ろにいて、 『何で、トレーが落ちてくるの?』

『えーーーー!』

と、なった(^o^;)

だって、トレーは落ちる要素は、まったくないし、同じ廊下をうろうろして、 100歩譲って スル~と、落ちてきたとしても、ぶつけるより、足のかかとやふくはぎなど、をかすめるなら、わかるが、

明らかにぶつけられた!! とは、思わないだろ。

2人で大笑いしたよ笑っ

こんなこともあるんですね笑っ

夜なら笑えないけどね笑っ

ブログランキング・にほんブログ村へ