風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

家の近所にいるおじさんの話

うちの周辺にあるおじさんがいる。

このおじさん、普通の人には見えてない。 私も姿は見たことないが声は聞いたことがある。

私達家族が引っ越してきて、数日後のこと。

うちはシベリアンハスキーを飼っていたが、この犬が夜に逃走!!

家の近所は、畑や田んぼの多いこの地域。

1番始めにご近所さんに教えられたのは、マムシに注意すること! と、教えてくれるぐらい、田舎なもので、 家の裏も夜には街灯はなく、真っ暗。

引っ越して間もないことから、近所がどうなってるかもわからず、 とにかく犬を真っ暗の中で、探していると急に

  『いるぞー!』

と、家の裏から、声が聞こえた。 私はてっきり旦那さんが声かけてくれて、見つけたのかと思って、裏に行こうとすると、家の前の道路から、旦那の姿が見えた。

『あれ?何で?裏じゃないの?』 『はぁ?』 『だって声が!』 と、裏に走る。 他の誰かが教えてくれたんだと思ったから。 でも誰もいなくて、真っ暗闇。 その中に、トボトボと歩くうちの犬。 え? 犬だけ? 人は? 誰もいなかった。 その後も、1度別件でこの不思議なおじさんに声をかけてもらい、ラッキーは起きている。

ブログランキング・にほんブログ村へ