風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

玉ねぎを寝るとき置くと

風邪を引いたり、花粉症だったり、鼻詰まりで大変なときがよくある。

とくに子供たちが、鼻詰まりで 鼻から 『ピィー、ピィー、グファ、ゴフォ、ピィー、ピィー』 と、鼻からの音、そして息が出来なくなり、口呼吸になってむせる!

苦しそうな感じに、早く治ってほしいなぁ、代わるわけにはできないが、 とにかく鼻でぐっすり眠れないのが、可哀想(>_<)

と、よく思うんですがあるとき、 ネットで 『玉ねぎ』 が、いい!! と、書いてあって

やってみよう!! と思ったことがあるのを書いてみます。

寝る前に、玉ねぎのスライスを枕元に置く。

これだけです。

あとは、寝るだけ。

咳にも鼻にもいいので、眠れるようになる。

私はこれを数年前から試していて、よく眠れる子供たちになりました。

この実験まがいを、 3才児の保育園で試させてもらったことがあるんです。

11か月から保育園を利用していて、 そこの保育園は少人数なので、快く玉ねぎをお昼寝タイムに部屋に置いてもらったんです。

冬だったもので、子供は咳や鼻でなかなか寝付けない子、寝ても鼻詰まりで起きたり咳で起きたり、 大変だったようですが、 子供が利用する日に、玉ねぎを置くようになってから、

『子供たちが嘘のように寝るんです!!』

と、保育園の先生からも絶賛されました!

ただし、玉ねぎ臭くなるのはガマンして下さいね笑っ

スライスした玉ねぎは、次の日に洗って味噌汁にしてしまえば、無駄なく一石二鳥ですよ!


ブログランキング・にほんブログ村へ