風と話せていた小さな頃にね!by中年主婦

2児の子持ち中年主婦が日常の体験、得する紹介、節約をほっこり書いている

レイキって、便利だよ!

私、もともと変わった能力(違う言い方のボキャブラリーがあれば、いいんだけどわからないので(^_^;)能力と書きます。)があるようです。

 

私はこの能力で、小さな頃(小5から)楽しんでいました!

 

ナゼなら便利!

便利って、言ったら怒られる(^_^;)こともないのか、あるのか(^_^;)

小学5年の運動会の前日の夜に友達になったのは、

                         “風”

でした。

 

だいたいの人の反応は、

『はぁ?』『はあ?』『はい?』

『大丈夫?』『はいはい』『病院行こうか?』

など、でしたね。

だから、言わなくなりました。

けど友達なのは、間違いないなく、

私の中で否定すると、

                   “私は嘘つき”

になるとさえ思えていました。

そうならない、方法が

誰にも言わずこっそり楽しむ\(^^)/

だったのです。

 

便利

その1

天気予報なんて、観ないでも

天気は教えてくれる。

天気予報は、観なくても、風さんに聞いてました。だって、教えてくれるんだもん!

その2

必要なときに、風を吹いてくれる。

これは便利!小学生の私、体育は1番好きな科目(*≧∀≦*)体育のない日は、めちゃくちゃつまらなかった。

でも、体育は熱い!

熱いと、涼しくなりたい!

私の小学生当初は、扇風機やエアコンなんて、完備されてないから、窓を開けるしかなかったんで。

で、

『熱い!風さんお願い!』

と言うと

ビューと風が吹いて

涼しい㏄(*≧∀≦*)

便利でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ